ロゲイン


正規品ロゲインの最安値

ロゲインをはじめとするミノキシジル系の育毛剤を利用するのであれば、ネット通販を利用するとお買い得です。

 

リアップX5などはドラッグストアなどでも簡単に購入できますが、店員さんと対面しなければならないので多少恥ずかしい気持ちになる上に高価です。

 

ネット通販を利用しロゲインを購入すればリアップX5の半額程度で一本購入できますし、誰にも知られることなく発毛・育毛ケアを行うことができます。

 

3か月から半年ほど試してみて、効果が実感できなければミノキシジルタブレットに移行するとかAGA治療薬を始めてみても良いかもしれません。いずれにせよ、男性にとって薄毛との闘いは長いものになります。先のことを考えると、少しでも安く購入できるネット通販を利用するのが賢明なのではないでしょうか。

 

ロゲインで薄毛改善

薄毛は髪の毛の成長が止まったり、抜けやすくなることで起こる症状で、ヘアサイクルの異常が原因とされています。多くは男性型脱毛症(AGA)と言われて、DHTと呼ばれる男性ホルモンが原因とされますが、必ずしもそれだけが原因とはなりません。例えば、頭部は心臓より上の位置にあり、血液の流入が難しいため、毛根への栄養が行き届きにくくなっています。

 

そのため、毛母細胞などが弱り、ヘアサイクルに異常が発生することで毛が抜けやすくなるといった症状も起こりえるのです。ヘアサイクルの成長期はおよそ7年と言われていますが、薄毛の症状が現れると、ヘアサイクルが狂い成長期が1~2年程度と短くなり、毛が細く抜けやすくなると言われています。

 

ロゲインは海外で販売される育毛剤で、AGA治療にも有効的と言われ、成分をミノキシジルとして頭皮の血管を拡張して血流を改善する作用があります。これにより血管の障害で弱っていた頭皮の細胞を活性化し、ヘアサイクルを正常な状態に戻して、育毛・発毛の効果を発揮します。ロゲインは1日2回の塗布で、薄毛に悩んでいた男性のおよそ8割が効果を実感できたと認められており、効果的な薄毛の改善が見込める育毛剤となっています。

ロゲイン1

ロゲインの詳細はこちら

リアップの大先輩ロゲイン

ロゲインは、ミノキシジルを主成分とする育毛・発毛効果が期待できる、男性専用の育毛ローションです。

 

ミノキシジル配合の育毛剤と言えば日本ではリアップがお馴染みだと思いますが、ミノキシジル系の育毛剤としてキャリアが長いのはロゲイン。リアップは言わば後輩や弟子にあたる製品と言えるかもしれません。

 

ミノキシジルはもともと高血圧症の改善のための血管拡張剤として開発された成分ですが、副効用として育毛・発毛効果が認められ、アメリカで最初に育毛剤として開発研究がなされました。

 

その結果生まれたのがロゲインとなります。ロゲインの発売に遅れて約10年後、日本でもミノキシジルを使用した育毛剤が開発され、生まれたのがリアップとなります。

 

ロゲインは前頭部の薄毛には効果が薄い?

ミノキシジルの発毛効果は、血管拡張効果に裏打ちされた血流促進作用によるものです。頭皮の気になるところに直接塗り込み血流を良くすることで、頭髪の成長を促し発毛・育毛効果を得ることができます。

 

ところが、ミノキシジルは、血流の低下よりも悪玉男性ホルモンの影響で薄毛に繋がることが多い前頭部の発毛については不得意であることが知られています。ロゲインは皮脂のつまりや頭皮のダメージによって頭頂部から薄毛が始まった方、頭皮の栄養不足が原因で髪の毛に元気がない方にもっとも効き目が実感できる製品でしょう。

 

まずはご自分の薄毛がどのような種類のものなのかをよく把握することが重要です。血流や頭皮環境の問題であればロゲインのようなミノキシジル系の育毛剤が有効、AGAであればフィナステリド系のプロペシアやフィンペシアが有効。

 

どちらの可能性もあるという方は、どちらのお薬も一緒に使うという方法もありますが、あまり飲むお薬が多くなると不安だという方はAGA用のお薬を使い、頭皮はマッサージや運動、食生活の改善で補うという方法もあります。

 

一口に薄毛と言っても人により様々ですから、よく吟味しながらお薬を使用すると良いと思います。

 

ミノキシジルにはタブレットタイプもある

日本のリアップでは、今でこそミノキシジル5%配合のリアップX5が発売されていますが、それ以前はミノキシジル1%配合と言った育毛剤しかありませんでした。ロゲインはミノキシジル5%配合の上、ネット通販で購入するとリアップX5の半値程で手に入れられるので、育毛剤の愛用者の中はずっと昔からロゲインを使っていたという方も多いのではないでしょうか。

 

ところが、ミノキシジルは表皮からでは十分に吸収されず、効果が薄いとも言われています。ミノキシジルにはタブレットタイプの製品もあり、こちらはローションタイプよりも高濃度のミノキシジルが配合されている上、口から摂取するので効率的に血液に乗り、全身へと運ばれていきます。

 

そのぶん効果も高く、発毛効果は抜群のようですが、副作用も強くなってしまうという欠点があります。副作用で主なものは、血圧の低下や体毛が濃くなるといった全身症状。それらの症状が出て困る方、あとは肝臓が丈夫ではないという方も、タブレットタイプのミノキシジルは控えた方が良いかもしれません。

 

そして忘れてはならないのが、血圧降下剤を使用しているという方。ミノキシジルはもともと血圧を下げるためのお薬でしたから、血圧降下剤と併用すると、血圧が下がりすぎる危険があります。

 

ミノキシジルタブレットはローションタイプのものよりも効果は高いですが、その分副作用の危険性も高まることを覚えておくと良いでしょう。

ロゲイン2