ミノキシジルタブレットを比較してみた

 

ミノキシジルタブレットは血管を広げて血流を活発にし、力強く発毛を促します。さらに毛乳頭細胞を直接刺激して発毛を促す効果があります。塗るタイプもありますが、より効果的なのは飲むタイプです。皮膚から吸収するよりも飲むタイプの方が効果的に毛乳頭に働きかけるからです。しかし、ミノキシジルタブレットで発毛を促しても、髪の毛の元になる栄養を十分摂取しなくては毛は生えてきません。発毛・育毛促進に効く食事が大切です。大豆食品などでタンパク質を摂取しできます。タンパク質はナッツ類に含まれる亜鉛で髪に変わります。血行を促す要素が唐辛子に含まれており、抜け毛予防や発毛促進に効果があります。
海苔、昆布、ワカメなどの海草類に含まれるフコイダン成分にも発毛促進効果があります。頭皮を柔らかくし髪が生えやすい環境を整えるのにコラーゲンが効果があります。コラーゲンが不足すると頭皮が硬くなると抜け毛が増えます。ビタミンやミネラルは体内で作ることができないので野菜と果物から摂取しましょう。三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の働きを高めるのが、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素です。育毛促進、薄毛には元となる栄養素が必要です。発毛と抜け毛予防はきちんとした栄養素を摂取しているかどうかの比較により効果が変わってきます。バランス良い食事ができていれば、ミノキシジルタブレットも効果が発揮されます。