ミノキシジルのデメリット

 

薄毛対策によく用いられる育毛剤や発毛剤の中によく含まれているミノキシジルですが、これには頭皮の毛細血管を拡張させて血流の量を上昇させ、それに伴って血液によって運搬される栄養分の分量も高めることによって頭髪に過不足なく栄養分を届けるという効果を持っています。

 

しかしながらミノキシジルにはデメリットも存在し、人によっては日頃から低血圧の症状を抱えた人がこの薬品を使うことでますます血圧が下がり、心臓や血管にダメージを被ってしまう場合もあります。中には命に危険の及ぶ可能性もありますのできちんと医師の診断を仰いだ上で使用することが大切です。

 

またミノキシジルを服用すると、血圧が下がることによって性欲減退や鬱病といった症状を発症したり、あるいは全身の血流が高まることによってじんましんやニキビが生じるようになったり、かゆみが生じるようになるなどの影響が出ることもあります。

 

さらに全身の血めぐりが良くなって栄養分が補充されることから体毛が濃くなったり、必要以上の発毛が生じるなどの多毛症の症状を抱えてしまう場合もあるようです。

 

いずれにしてもこれらの副作用が出た時にはまずかかりつけの医師に相談して、このまま使用を続けていいものかどうかをしっかりと確認することが大切でしょう。