ミノキシジルと血圧の関係

 

ミノキシジルはAGA治療において、育毛・発毛を促進する治療薬として利用されています。しかし、元々は高血圧症の治療に使うため開発された成分で、服用していた患者が副作用によって毛が濃くなったという報告があったことから、転用されて育毛剤となった経緯があります。ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血管を拡張して血流改善が行われ、血液から栄養が送られることで毛母細胞を活性化させ、毛の成長を促すようになります。このことからも分かるように、ミノキシジルには血管を拡張させることで血液が流れやすくなり、血圧が低下する作用が起こります。ミノキシジルを配合した外用薬では、頭皮に塗るだけなので、それほど影響はありませんが、タブレットにした内服薬では、全身に作用することから、狭心症や高血圧の人には影響が出るようになっています。特に硝酸剤や降圧剤といった治療薬を服用している人では、ミノキシジルと相互作用を起こすことから、併用は禁忌とされ、服用には医師の相談が必要となっています。ちなみに、内服薬では育毛の効果が大きく発揮されますが、髪の毛だけでなく全身の毛まで濃くなるという問題があるので、使用する際はデメリットと相談して使用するようにしましょう。