もみあげにもロゲイン

ロゲインは海外で販売されている育毛剤のひとつで、有効成分をミノキシジルとして、効果的な育毛を実現しています。育毛剤としては歴史が古く、ミノキシジル配合の育毛剤としてはベーシックなタイプになります。とはいえ、育毛剤としての効果は十分に発揮されるので、薄毛治療に使用する男性は非常に多いです。成分であるミノキシジルは、血管を拡張する作用があり、ロゲインを頭皮に塗布することで浸透し、毛細血管を広げて血流を改善し、育毛に必要となる栄養を血液から送ることで、毛が太く濃くなるように成長できるようになります。この効果は頭皮だけに限らず、その他の部位にも作用するので、薄くて困っているもみあげにも使用することができます。もみあげは顔の輪郭を強調する部分で、ここが薄いと輪郭がぼやけて顔が大きく見えてしまいます。力強い男性の顔を作るためにも、もみあげを濃くしたいと思う人は多いはずです。ロゲインはこうした部位にも選択して塗布できることから、育毛効果を局所的に発揮させることが可能です。ただし、頭頂部から下にさがるほど毛細血管は少なくなっているので、育毛効果が弱まる可能性があります。とはいえ、全く効果がないわけではないので、継続して塗り続けることで太い毛を作ることができます。