ロゲインで男性型脱毛症を改善

 

 

男性型脱毛症というのは以前は治療することが難しかったのですが、現在では治療薬も開発されたので、テレビコマーシャルの影響などからも皮膚科において治療することができるようになりました。

 

AGA治療において使用されているのは5αリダクターゼ阻害薬という薬剤で、プロペシアやアボルブといったものがそれに該当しています。
AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きが毛根に作用することによって引き起こされてしまいます。

 

そしてテストステロンというのは毛根において活性化している5αリダクターゼの働きを阻害することでAGAを治療する効果があると言われているのが、ロゲインをはじめプロペシアなどのAGA治療薬なのです。

 

このロゲインの効果が現れるまでの期間ですが、薄毛の度合いによっても少しずつことなります。
薄毛がそこまで進行していなくても、薄毛を予防したい、という場合には薄毛の予防効果は極めて高いといえます。

 

しかし、すでに薄毛が酷く進行しているような場合には服用してから1年以内で薄毛を改善できる確率は50%程度だと考えられています。
ただし、継続して服用をすることで、その効き目はかなり高くなると言われています。