ロゲインとテストステロン

 

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、骨格を発達や筋肉を増大など、いわゆる男性らしい身体を作るのに欠かせない物質です。このテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の作用でジヒドロテストステロンへと変換されると、頭髪を生育する細胞の働きが阻害され、薄毛や抜け毛が促される事が研究で判明しています。5αリダクターゼの分泌量は遺伝の影響があるため、遺伝による薄毛の原因とされています。
ロゲインとは有効成分ミノキシジルが配合されている育毛剤で、男性型脱毛症(AGA)に効果がある事が臨床試験で認められています。日本では違う商品名で販売されていますが、本家のロゲインの方がミノキシジルの配合量が多いのが特徴です。塗って使用するタイプの育毛剤で、頭皮に直接塗る事によって育毛・発毛効果が現れます。ミノキシジルは高濃度の方が効果が期待でき、皮膚科やAGA専用クリニックなど、個人輸入などの方法で入手する事が可能です。注意点として、成分の濃度が高いほど頭皮への刺激も強く、皮膚炎などの副作用が生じる可能性が高まります。もしも頭皮が荒れるなどした時は使用を中止し、医師の判断を聞いたりミノキシジルの濃度がより低い製品を使う事を考えて下さい。