脱毛症状とロゲイン

 

脱毛は、薄毛の悩みの代表格ですが、薬を使った場合にも初期に見られる場合があります。
ロゲインは、薬の中でも効果的とされていますが、初期脱毛が起こる事が副作用の一つとして知られています。
初期に発生する副作用の特徴は、ロゲインの使用開始から3ヶ月程度、使用前に比べて抜け毛が増える事にあります。
ロゲインによる抜け毛は、時間が経てば次第に治まりますし、使用を止める事でも元に戻るだけで済みます。
しかし、脱毛症状に驚いたとしても、ロゲインは副作用が治まるまで続ける必要がある薬です。
頭皮が炎症を起こして傷んでいたり、痒みや違和感を感じる場合は中断が必要ですが、極端に強い症状がでなければ継続の判断は可能です。
抜け毛という副作用を脱した後の状態は、そこをスタート地点として毛の太さを強化する段階に入るので、諦めずに続ける根気良さが不可欠です。
ロゲインを使用するのであれば、短期間で一時的に抜け毛が増えたり、毛の量が減る事も想定して治療を始める必要があります。
ただ、これは限定的な問題に過ぎないので、このハードルさえ乗り越える事が行えれば、毛の成長に期待して治療を続ける事が出来ます。
どちらにしても、毛の改善を続けたい限りは継続が必要なので、初期症状に怯えず継続する事は治療に欠かせない条件になります。