ロゲインと円形脱毛症

 

ロゲインは海外で販売されている育毛剤のひとつで、ミノキシジルを含有した育毛剤としては世界初の薬となっています。AGA治療にも用いられており、発売されて30年以上は経過しているので、育毛剤としては古い部類に入り、多くの薄毛に悩む人達に愛用されています。ミノキシジルの成分は血管拡張の作用があり、頭皮の毛細血管まで広げることで、血流を改善して毛根に栄養を送り、発毛を促すようになっています。このことからも、AGA以外の薄毛の症状にも育毛の効果があるとされ、女性用の薄毛に使用するロゲインが発売されていたり、円形脱毛症でも発毛を促進することができるのではと期待されています。円形脱毛症は毛母細胞や毛乳頭がダメージを受けることで、毛が抜け落ちる症状です。頭部に10円玉サイズや卵くらいの大きさの禿げができるのが特徴で、昔はストレスが原因とされていましたが、近年ではストレスに関係ない新生児でも現れるケースが見られ、いまだに解明されていない部分が多いため完全な治療法が確立されていません。しかし、髪の毛の大もととされる毛包幹細胞は生きているため、これを活性化させれば毛が生まれるようになり、活性化させるにはロゲインのミノキシジルは有効である可能性が高いとされています。医師の間でもミノキシジルを使用することは禁止されていないので、円形脱毛症で毛が抜けてしまった際にはロゲインを使用してみるといいかもしれません。